田中碧選手、急逝した工藤壮人さんの家族を支援

田中碧選手の寄附についてスポーツ

サッカーW杯カタール大会で活躍したMF田中碧選手の「ある行動」が賞賛を受けています。

今回は、その田中選手のある行動と、その報道についてご紹介します。

工藤壮人さんの家族を助けるための「ある行動」とは?

「#日本プロサッカー選手会『工藤壮人選手ありがとうオークション』にカタールで使用したスパイクをサイン入りで出品いたしました!工藤選手のご家族をサポートするためにご協力よろしくお願いします」

田中選手は上記のメッセージを添えた上で、カタール大会で使用したスパイクを出品したことをインスタグラムで報告しました。そして、その収益は昨年10月に急逝した工藤壮人さんの家族を支えるために寄附するそうです。

工藤さんは、田中選手と同じFWとして(MFとしても)主に柏レイソルで活躍された選手です。昨年10月、練習時間外に体調不良を訴えた工藤さんは緊急搬送されました。

そして検査の結果、水頭症と診断され、手術の甲斐なく32歳で亡くなりました。

工藤さんには奥さんと娘さんがおり、工藤さんの突然の死はご家族にとって精神的だけでなく経済的にも苦しみを与えることとなりました。

まだ寄附まで至っていませんが、田中選手の今回の行動はご家族にとって大変大きな支えになるでしょう。

田中碧選手の寄附について、中日新聞

デイリースポーツの悪意ある見出し

一方、この美談を伝える報道姿勢で目についたのがデイリースポーツです。

ニュースのタイトルや商品のキャッチでも、ビックリするような見出しで目立たせるってあるわね。

ひねりも何も無いタイトルだと、誰も読んでくれないからね。

大体は「はいはい」って流せるんだけど、たまに悪質で引くレベルのものもあるわ。例えばデイリースポーツのような。

え、何やったの?

田中碧選手の工藤さんへの支援、デイリーの報道

田中碧 32歳で急逝、工藤壮人さん家族支援のためW杯で使用スパイク出品「ご協力お願いします」

こちらがデイリーのタイトルですが、一見すると田中選手が急逝したとも取れます。

田中選手は24歳なので、知識がある人であれば田中選手が亡くなったわけではないことは分かります。

ですが、この間のW杯カタール大会で田中選手を知ったような、普段サッカーを観ない一般の人が見るとギョッとします。

この単語構成で書くのであれば『田中碧32歳で急逝した工藤壮人さん家族支援のためW杯で使用スパイク出品「ご協力お願いします」』

こう書くべきでしょう。

無意識だったのか、それとも他紙より目を引くための悪意だったか分かりませんが、もしページビューを稼ぎたいためだけの悪意であれば、大の阪神ファンだった工藤さんを裏切るような行為と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました